4/16の「クローズアップ現代+」で家族信託が紹介されました 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 司法書士のつぶやき » その他雑感 » 4/16の「クローズアップ現代+」で家族信託が紹介されました

4/16の「クローズアップ現代+」で家族信託が紹介されました

宮田総合法務事務所 代表司法書士 宮田浩志 宮田総合法務事務所 代表司法書士
宮田浩志
→プロフィールはこちら
Loading

2019年4月16日(火)22:00から放送されましたNHKクローズアップ現代+において、『親の“おカネ”が使えない!?』という特集の中で、家族信託が紹介されました。

我々専門職にとっては当たり前の話にはなりますが、世間一般では案外知られていない話として、 親が亡くなったり、認知症になって判断能力が低下すると、親の口座から必要なお金を引き出せなくなる、つまり実質的に“資産凍結”されるという問題があります。

こうした事態に陥り、家族が困らないために、どんな対策をしておくべきなのか、その解決策の本命が家族信託といえます。

親に判断能力があるうちに家族で契約を結び、それに基づき、親の不動産の登記簿に管理を預かる子の名前を登記(=信託登記手続き)をしたり、 親の預金を管理を託された子の管理専用の口座に移しておく等の備えをするのです。

今回の放送では、「家族信託」という仕組みや親が認知症になった後でも活用できる「成年後見制度」について、メリットや注意点も踏まえ分かりやすく解説されていました。

 

これを機に、さらに一般の方々に「家族信託」という選択肢が認識され、安心の老後と円満円滑な資産承継の案件が一つでも増えることを望みます!

 

タグ:

「司法書士のつぶやき」を書いている宮田浩志について

1974年7月3日生まれ
早稲田大学法学部在学中に宅地建物取引主任者資格・行政書士資格・司法書士資格を取得し、2000年3月に吉祥寺に宮田総合法務事務所を開業する。
2006年2月に長女、2012年に長男、2014年に二男が誕生し、泣き声とキック・パンチが飛び交う怒涛の家庭を持つ。

詳細は事務所概要をご覧下さい。

個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託まるわかりチャンネル
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1600以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職
    1600以上の法律記事から情報を検索!
    • ↓ キーワードを入力
    家族信託まるわかり読本 家族信託まるわかり読本