その他雑感

太陽光発電

今年、我が家に太陽光発電を導入した。
太陽光発電については、“売電”でお得だの、エコ意識が大切だの、
あるいは導入費用対効果がどうだ、今なら補助金がいくら出るだのと色々言われている。
家計の経済効率性だけを考えたら、初期費用等のモトが取れるのは、
10年単位の長期的スパンで考えなくてはならないので、割りは良くないのかもしれない。
でも、ミヤタは、みんなも太陽光をやるべきだなって思う。
我が家で太陽光を導入して何が良かったかって・・・。
リビングに小型のモニターを置いていて(これが結構高価なのだが)、
そこに今何KW発電していて、何KW消費しているかがタイムリーに表示される。
つまり、今現在の発電量と消費量のプラスマイナス、言いかえれば電気代が発生しているのか、
それとも(売電で)収入を得られているのかが一目でわかるのだ。
そうするとどういうことが起きるかと言うと、貧乏症でケチなミヤタは、
無駄な消費電力を押さえようと電気を消しまくるようになる。
今、電子レンジとオーブントースターを使っているから
こんなに電気を喰うんだなぁという気付きもあるし、エアコンはもう消そうだとか、
あんまり意味のない照明は一つ消しておこうだとか、
そういう意識が芽生える。
つまりは、それこそが『エコ』そのものだったのだ。
太陽光で電気を作ることがエコではなく、節約への意識改革が自分に起きることこそが
最大の『エコ』だということに気付いた。
是非皆さんも、モニターを見ながらの“ケチケチ生活”、始めませんか?

  • この記事を書いた人

宮田浩志(司法書士)

宮田総合法務事務所 代表司法書士

後見人等に多数就任中の経験を活かし、家族信託・遺言・後見等の仕組みを活用した「老後対策」「争族対策」「親なき後問題」について全国からの相談が後を絶たない。

詳しいプロフィールはこちら

-その他雑感

© 2023 家族信託なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中! Powered by AFFINGER5